24時間ネット受付
ひろせ内科

刈谷市西境町の内科・消化器内科・内視鏡検査|ひろせ内科

〒448-0006 愛知県刈谷市西境町兵九前62
TEL:0566-61-8887

トップページ»  当院のご案内

医院案内

当院の診療方針

診療方針
 
  • 内科・消化器科を中心とした各科のプライマリーケア(初期診療)。
  • 胃カメラは、細い内視鏡を鼻から挿入し検査しますので、患者様の苦痛が少なくてすみます。お急ぎの方は、数日以内に検査可能です。
  • 首の動脈の超音波検査(エコー)で動脈硬化の程度・血管年齢を調べ、脳梗塞・心疾患などの予防に努めます。
  • 精密検査や入院を必要とする場合、刈谷豊田総合病院、藤田保健衛生大学附属病院と緊密に連携をとり、紹介させていただきます。

診療科目

内科,消化器科

診療受付時間

診療時間
9:00~12:00
16:00~19:00

【休診日】水曜午後・土曜午後、日曜・祝日

 

当院の混雑度予測

 
午前
午後
 
5分~30分前後待つ場合があります。
5分~15分程度待つ場合があります。
比較的、空いています。

時間帯による混雑具合:::朝9時台、診察終了間際は、混雑する傾向にあります。
                 (特に休み明けの日は・・)
**当表示は、混雑傾向を表示しているもので、必ずしも予測通りではない場合があります。
 
 

院内・診療設備など

●経鼻胃内視鏡(鼻からの胃カメラ)

鼻から挿入する胃内視鏡をご存知ですか?胃カメラ(内視鏡)を口からではなく、鼻から入れることで、検査中に医師と会話ができるほど楽で安全な検査です。
一般的に行なわれている口からの胃内視鏡検査では、のどの奥にある舌のつけ根に内視鏡が触れるため、吐き気を催すことが多く、患者様はつらく感じます。
これに対して、鼻からの胃内視鏡検査では、内視鏡が舌のつけ根を触れずに食道に入って胃に到達しますので、吐き気をほとんど感じることなく検査を受けることができます。
これが患者さまにとっての大きなメリットです。それは医師にとっても同じで、患者さまとおしゃべりしながら時間をかけて観察できるので、病気の発見率が高まるメリットがあります。

当院では、電話やネットでの検査予約も受けつけています。(ネット予約は、右上オレンジ色の24時間受付から)

**初めての方の、「明日検査して欲しい」というご要望にも、極力お応えしたいと思っています。
**今朝から絶食だから「今日やってほしい」という場合は、お電話でお問い合わせください。
診療設備

●大腸内視鏡(大腸カメラ、大腸ファイバー)

  • 近年大腸ガンは増加を続けています。
  • 大腸ガンも他のガンと同様に早期発見・早期治療が大切です。
  • 当院では、大腸カメラでの精密検査も行なっていますので、心配な方はお気軽にご相談ください。(特に痔のある方は、血便が続いても痔のせいと思っていますので、注意が必要です。

**なるべく早く検査して欲しいという方は、数日以内には、検査可能です。
◇◆内視鏡につきましては胃カメラと大腸カメラのページもご覧ください。◇◆

 

●頚動脈エコー

首の動脈を超音波(エコー)で観察することにより血管年齢(動脈硬化)を調べることができます。
予約なしで検査を受けられます。検査は痛みもなく、10分程度で結果が出ます。
脳梗塞・心疾患を予防するため、ご自分の血管年齢を知ることは有益です。
頚動脈エコー

 

●X線透視(胃透視・注腸)ー

胃・大腸の検査には、レントゲン検査・内視鏡(カメラ)があります。レントゲン検査は、胃の場合「胃透視」、大腸の場合「注腸」と呼ばれます。胃透視では、口からバリウムを飲んでいただき、発泡剤で胃を膨らませた後、レントゲン写真をとります。注腸造影では、肛門からバリウムを注入した後、レントゲン撮影します。レントゲン検査は、内視鏡検査(カメラ)と比較して、小さな病変の診断には多少劣るものの、短時間で終わり、楽なことなど利点もあります。ただし、レントゲン検査で何か異常を指摘された場合、内視鏡検査(カメラ)になることもありますので、ご了承ください。
X線透視

 

特色とする治療法など

当医院では、最先端の診療をご提供しつつ、患者さんの生活の質(Quality of Life)を損なわない治療を目指しています。

例えば潰瘍性大腸炎は、難病の指定がされており、専門医の診療が必要です。定期的な診察をしなければいけませんが、大きな病院への通院が面倒なため治療が中断し悪化してしまうケースがあります。院長は、専門医の資格を持っていますので当院で診察できます。他病院からの紹介もお受けしています。午後の診療もございますので、治療と仕事、治療と学校などとの両立がしやすいのではないでしょうか?
大腸内視鏡検査も行っており、数日以内に検査できます。

また一例ですが、一般的な西洋医学だけでなく、患者さんによっては、漢方をお勧めしとても喜ばれることがあります。

治療法ががいくつかある場合は、相談しながらぴったりあった方法を探していきましょう。

ご希望があれば、遠慮なくご相談ください。