24時間ネット受付
ひろせ内科

刈谷市西境町の内科・消化器内科・内視鏡検査|ひろせ内科

〒448-0006 愛知県刈谷市西境町兵九前62
TEL:0566-61-8887

トップページ»  大腸カメラ

大腸カメラ

大腸カメラご希望の方へ(事前準備など)

検査を受けるにあたり大事なことは、腸の中を空っぽにきれいにすることです!
便が残っていると、腸の中を上手に観察することができません。
せっかく受ける検査ですので、なるべく腸を空っぽにするために、一人一人に合わせて事前説明をさせていただきます。前日からの準備のために、検査食やお薬をお渡しします。
便秘がちな人は、数日前から便秘薬を飲んでいただく場合もあります。
お電話にて、予約を入れていただくことも可能ですが、事前に(少なくとも検査の1週間前までに)ご来院ください。
ポリープ切除をする場合は、安静が必要となります。検査当日のお仕事は、お休みください。
※血液をさらさらにする薬を服用されている方は、
薬により1~10日前から休薬が必要な場合があります。
予約前に必ずお申し出ください。

コレステロールの薬・高脂血症の薬は、事前に休薬する必要はありません。
 

・・・・ご参考までに・・・・
以下は事前に説明させていただいている概要です。

*普段服用している薬がありましたら、事前にお申し出ください。
≪ポリープ切除について≫
大腸カメラでは、ポリープ切除を行うことができます。
当院でも、ポリープが見つかった場合には切除をお勧めすることがあります。

【予約を取るときの注意点】
ポリープ切除後には、出血などの合併症を避けるため
*激しいスポーツ・旅行・出張は控える
*消化の良い食事をとる アルコール摂取制限
など1~2週間の制限があります。
切除をする場合を考えて、検査の予約をさせていただくと良いと思います。

●月・火・木・金の12時~検査しています。

**経口腸管洗浄剤(モビプレップ)は、自宅で飲むことをお勧めしています。
市外・県外など遠方から来られる方は、院内でも可能ですので、お申し出ください。

【所要時間と費用】
検査所要時間:30~60分
検査費用:3割負担の場合概算
検査のみ¥5,000
病理検査あり¥10,000~17,000
ポリープ切除あり¥19,000~25,000

【検査前日】
(朝食が検査食に含まれていない場合):ご飯の方→白米ご飯、具の無い味噌汁のみ(ふりかけ、漬物も禁止)
パンの方→ジャムやバター等、何もつけないでください。(トーストは可、油脂・乳製品は禁止)

朝食、昼食、夕食は、検査食を(夕食は、午後8時までに)お召し上がりください。
水分は十分とってください。(乳製品・果汁が入ったジュースは禁止)
お茶・水・コーヒー・紅茶(ミルクは除く)・炭酸・スポーツドリンク・果汁が入ってない清涼飲料水は、摂取して構いません。
もし空腹を感じる場合は、スポーツドリンクや果汁の入っていない清涼飲料水、飴をお召し上がりください。
検査食の量が多いと感じる場合は、無理に食べなくても結構です。

●夜21時:下剤(センノサイド)2錠を多めのお水で服用します。
*経口腸管洗浄剤(モビプレップ)を2Lの水で溶かし、冷蔵庫で冷やす。

【検査当日】
検査が終わるまで、喫煙や服薬は避けてください。
朝食・昼食は絶食です。薬も飲まないでください。当日朝は少量の水分を取って頂いて結構です。
●午前7時:吐き気止め(ナウゼリン)1錠をお飲みください。
●午前7時30分:経口腸管洗浄剤(モビプレップ)を飲み始めてください。
**お渡ししたパンフレットのQRコードから動画で確認いただけます。
**服用中に、気分が悪くなった場合は服用を止め、連絡してください。
飲み方は、以下のABCが1ステップです。
A:一杯(モビプレップ約180ml)を約10~15分で、お飲みください。
B:もう一杯(モビプレップ約180ml)を約10~15分で、お飲みください。
C:水またはお茶を一杯以上お飲みください。(ABの途中に水を飲んでも構いません)
1ステップ30分を目安に繰り返します。
便の色がほぼ透明になるまで繰り返します。
なるべく動き回ってください。腸の動きもよくなり便が出やすくなります。
●午前9時前後に、お電話にて状況確認をさせていただきます。(順調ならこの時は、3~4ステップの段階です。)
●来院後、排便の状態により浣腸をさせていただくことがあります。
時計・指輪・ネックレスなど金属類を外し、排尿を済ませてお待ちください。

【ご来院の注意点】
ご高齢の方は、付き添いの方と一緒にご来院ください。
検査当日は、検査着に着替えますので、脱着の楽な服装でお越しください。
徒歩・自転車での帰宅は、腹痛・出血の原因となりますので、お止めください。


【検査室に入ったら】
検査着に着替え、下着も外して、紙パンツを着用していだだきます。
検査前に腸の働きを抑える注射をします。
(注射後、口が渇いたり、目がちかちかすることがありますが、一時的なもので心配ありません)
検査中に気分が悪くなったら、早めにお知らせください。

【検査が終わったら】
水分:少量であればすぐに飲んでも構いません。
食事:お腹の張りが治るまで待ってください。

≪ポリープ切除された場合≫
ポリープ全体を切除した場合:1~2週間出欠や穿孔(穴が開く)の合併症を避けるため、生活制限があります。暴飲暴食・アルコール摂取・スポーツ・旅行・腹圧のかかる仕事は禁止です。
ポリープの一部採取した場合:ポリープの大部分は残ったままです。顕微鏡検査の結果によっては、大腸カメラの再検査が必要になる場合もあります。

 

院長の経験など

当院は広くいろいろな病気を診察させていただく内科クリニックですが、院長の専門は消化器科(胃腸科)です。
開業前は、刈谷豊田総合病院に10年以上勤務しており、胃・大腸疾患の診察を行っていました。

院長は内視鏡の専門医の資格を持っており、現在も週1回(水曜の午後)刈谷豊田総合病院で大腸カメラ(大腸ファイバー)の検査を行っています。
これまでの大腸カメラ(大腸ファイバー)の症例数は約10,000例以上になります。この症例数は、三河地区の大病院に在籍する内視鏡専門医に匹敵します。

現在大病院では、どこでも検査が満員で、1ヶ月待ちということもまれではありません。しかも、大学病院・総合病院は、研修医の教育病院でもありますので、検査まで1ヶ月以上待った後に未熟な医師の検査をうけることもありえます。

当院では、患者様の希望があれば、数日以内に検査を受けることができます。しかも検査はすべて院長自ら行いますので、どうぞご連絡・ご来院ください。

大腸カメラ検査については、事前に御来院して頂き、簡単な説明をさて頂きます。

 

院長の思い

【大腸検査】
♪♪♪

大腸カメラの経験のある人から、今まで他施設で辛い思いをしてきたけど、今回は楽だったと、お褒め頂いたり、次回もお願いしますと言って下さる方が多くて、やりがいを感じています。♪♪♪

また当院ではご来院から、大腸カメラ終了後会計までの時間が平均40~50分程度で、,帰宅できます。(他施設では、朝から晩までかかる所や3~4時間かかる所もあります。)施設によりかかる時間は様々ですが、当院はお手軽だと思います。

また、予約にゆとりがあります。早期発見早期治療で、近日中に急いで検査したい人、ご相談ご来院ください。

海外から一時帰国で、検査希望の方。とりあえず予約日を押さえますので、ご連絡ください。

内視鏡専門医として皆さんのお役に立てた時、とてもやりがいを感じます。今後ともよろしくお願いします。

♪!(^^)!♪